ザ・ローリング・ストーンズ自ら設立したローリング・ストーンズ・レーベルからの第1弾にして、ミック・テイラーが全編に参加した初のスタジオ・アルバム『スティッキー・フィンガーズ』(C)RS

『ベガーズ・バンケット』『レット・イット・ブリード』『メインストリートのならず者』と並び、最高傑作の呼び声も高い1971年発表の作品。アメリカ南部音楽へのアプローチが本格化、全編を泥臭くのびのびとしたムードが漂う。キースお得意のコード・カッティングが炸裂する<1>、リラックスしながらも攻撃的な<2>、グラム・パーソンズを歌ったといわれる<3>、ドライヴ感のあるシンプルなロック<6>など、名演奏・名曲満載。新加入のミック・テイラーのソロが光るセッション風の<4>の奥深い味もこのアルバムの価値を高める。(麻路 稔)

 ・ amazon : Sticky Fingers (1971)

 ・ amazon : スティッキー・フィンガーズ(デラックス・エディション)

 ・ Google Play Music : Sticky Fingers (1971) / スティッキー・フィンガーズ

 ・ apple music : Sticky Fingers (1971) / スティッキー・フィンガーズ

 ・ レコチョク Best : 13. Sticky Fingers (1971) / スティッキー・フィンガーズ

 ・ Spotify : 13. Sticky Fingers (1971) / スティッキー・フィンガーズ

ディスク:1
1. Brown Sugar
2. Sway
3. Wild Horses
4. Can’t You Hear Me Knocking
5. You Gotta Move
6. Bitch
7. I Got The Blues
8. Sister Morphine
9. Dead Flowers
10. Moonlight Mile